初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.バルベラ:「復帰した時にはプレッシャーはない」

H.バルベラ:「復帰した時にはプレッシャーはない」

H.バルベラ:「復帰した時にはプレッシャーはない」

右手首骨折の手術を受けたエクトル・バルベラは13日、入院先のバルセロナ市内の病院から退院。早期復帰を目指して、リハビリに取り組むことを語った。

「好調時にケガに見舞われる。100%回復するために、最高のコンディションでバイクに乗れるように、今は精神的に強くならなければいけない。カタルーニャGPを楽しみにしていたけど、今はドニントン、もしかしたらアッセンのことを考えないと。だけど、そこで走ることばかりを考えないようにしたい。とにかく、リハビリに専念することが大切だ。」

「復帰した時には上位陣から離されているだろうから、僕にはプレッシャーがない。だから、彼らは僕に気をつけないと。僕の頭の中は残りのレースに勝つことだけだ。」

手術を担当したスポーツドクターのミル医師は、2戦に欠場することを説明した。

「頻繁に発生する負傷であり、今回は早期回復のために、チタン製のプレートとボトルで患部を固定しました。通常であれば、このような手術を行いません。リハビリ期間は8~10週間ですが、3週間後にはバイクに乗ることが出来るでしょう。」

Tags:
MotoGP, 2006, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, Hector Barbera

Other updates you may be interested in ›