初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミシュラン、ロッシの上海リタイヤについて公式発表

ミシュラン、ロッシの上海リタイヤについて公式発表

ミシュラン、ロッシの上海リタイヤについて公式発表

ミシュランは今週、第3戦中国GP決勝レースにおけるバレンティーノ・ロッシのリタイヤについて解答を発表した。

フランスのタイヤメーカーは、問題原因を追究するために、リタイヤの原因となったフロントタイヤをクレルモンフェラン工場に持ち帰り、検証を行った結果、欠陥は見つからず、空気圧についても問題はないことから、タイヤの一部破損はロッシ車のフロントから来るチャタリングが原因であると結論に達した。

「バレンティーノ・ロッシと同じタイヤを7人が使用し、22周のレースを通して特筆する問題はありませんでした」とプレスリリースでコメントを発表した。

ミシュランは、ロッシとヤマハに対して手紙を送り、全レース期間中に戦闘力のないフロントタイヤを供給したことはないことを説明。将来、同じ問題を繰り返さないように必要な対応を図ることを付け加えた。

Tags:
MotoGP, 2006, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›