初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ、好スタート

A.バウティスタ、好スタート

A.バウティスタ、好スタート

シリーズ第7戦カタルーニャGP125ccクラスのフリー走行1は16日、カタルーニャ・サーキットで行われ、アルバロ・バウティスタがトップタイムをマークした。

気温20度。路面温度23度のドライコンディションの中、ポイントリーダーのバウティスタとランク2位のミカ・カリオの2人がセッションのリズムを作ると、エクトル・ファウベル、ガボール・タルマクシ、セルジオ・ガデアまでが、1分51秒台に進出した。

6番手以降にはフリアン・シモン、シモーネ・コルシ、マティア・パシーニ、トーマス・ルティ、ニコール・テロールが続き、小山知良は11番手だった。

スペイン選手権で2連勝を飾り、ワイルドカードで参戦するポル・エスパルガルは17番手。急遽参戦が決定したレッドブルMotoGPアカデッミーのダニエル・ウェッブは40番手だった。

Tags:
125cc, 2006, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, FP1

Other updates you may be interested in ›