初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.カリオが暫定ポールポジション

M.カリオが暫定ポールポジション

M.カリオが暫定ポールポジション

シリーズ第7戦カタルーニャGP125ccクラスの公式予選1は16日、カタルーニャ・サーキットで行われ、ミカ・カリオが暫定ポールポジションを奪取した。

気温26度。路面温度38度。セッション前に降り始めた雨が途中から激しく降り、ライダーたちはピットボックスに帰還。レイン用にセッティングを変更して走行を続けた。

雨が激しく降る前にトップタイムをマークしたのは、ミカ・カリオ。トーマス・ルティ、ミケール・コンティ、マイク・ディ・メッリオ、ジューイ・リットジェーンが続いた。

MotoGPアカデミー出身のブラドリー・スミスは6番手。エクトル・ファウベルは20番手。小山知良は23番手。前戦勝者のマティア・パシーニは28番手。ポイントリーダーのアルバロ・バウティスタは36番手だった。

ワイルドカードのポル・エスパルガロとダニエル・ウェッブは転倒を喫して、それぞれ19番手と40番手だった。

Tags:
125cc, 2006, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, QP1

Other updates you may be interested in ›