初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

高橋裕紀、2番手発進

高橋裕紀、2番手発進

高橋裕紀、2番手発進

シリーズ第7戦カタルーニャGP250ccクラスのフリー走行1は16日、カタルーニャ・サーキットで行われ、ロベルト・ロカテリがトップタイムをマーク。高橋裕紀が2番手に入った。

気温25度。路面温度41度のドライコンディションの中、通算170戦目を迎えるロカテリはトップスピードを武器に一番時計を刻めば、先週末に鈴鹿300キロを初制覇した高橋は0.100秒差で続き、1000ccから250ccへのスムーズな乗り換えを見せた。

前戦は転倒リタイヤを喫した青山博一は、ポイントリーダーのアンドレア・ドビツィオーソに続く4番手スタート。負傷代役のアレックス・デボン、アレックス・デ・アンジェリス、ヤコブ・シュムルツ、ホルヘ・ロレンソ、マルコ・シモンセリ、シルバン・ギュントーリがトップ10入り。青山周平はトップから1.998秒差の14番手だった。

Tags:
250cc, 2006, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, FP1

Other updates you may be interested in ›