初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

主役たちのコメント

V.ロッシ(公式予選1位):
「このポールポジション獲得は大きな喜びだ。このポジションからずっと長い間スタートしていなかった。特に今年は予選タイヤでハードなバトルを強いられていた。」

J.ホプキンス(公式予選2位):
「表彰台の可能性はある。GSV‐Rとブリヂストンの好パフォーマンスといいスタートを切れば、明日はいいレースができると思う。」

K.ロバーツ・ジュニア(公式予選3位):
「中国からバイクは大きな進歩を果たした。大きく進歩し、僕たちは戦闘力がある。」

C.バーミューレン(公式予選4位):
「バイクを大きく変えた。午前中にたくさんのことを学び、レースタイヤで周回数を重ねた。コンスタントだった。」

中野真矢(公式予選5位):
「気温が上がって、タイヤには厳しかったですが、その状態で逆にセッティングが合いました。明日も同じようなコンディションだとチャンスがあると思います。フロントローを獲りたかったですが、昨日までの調子を考えれば十分です。」

L.カピロッシ(公式予選6位):
「最終ラップの走りは、6位以上が相応しいと思うけど、悪くないリザルトだ。ベストなセッティングを見つけるために仕事を続ける。」

N.ヘイデン(公式予選7位):
「レースタイヤで良かったし、トップに近かったけど、優勝争いに加わるには、まだ仕事をしなければいけない。午前中に転倒するまではすごく良かった。ライダーの小さなミスだった。」

D.ペドロサ(公式予選11位):
「予定していたタイヤのプランは残念ながら良くなく、最後は渋滞に引っ掛かってしまった。11番手だから、明日ことを良く考えないと。スタートが重要だ。特に地元だから、これほど後退してしまったことに失望しているけど、セッティングはすごくいい。」

S.ジベルナウ(公式予選13位):
「思ったようにコーナーに入れない。バイクのバランスだと思うけど、解決できない。進入が悪いから立ち上がりが良くない。」

玉田誠(公式予選15位):
「明日のレースに向けて、タイヤテストに取り組みました。午前中に使用したのが良かったです。明日もう一度確認します。」

青山博一(予選総合5位):
「ぜんぜんダメでした。今日の朝から予定通りのプランが消化できなかったです。車体面を少しいじり、いいフィーリングがなかったですが、バランスを見つければいいレースができると思います。昨日のフィーリングが戻れば、大丈夫。朝、確認します。」

青山周平(予選総合6位):
「昨日より大きくタイムが伸びませんでしたが、リズム良く走れました。アベレージは少しずつ良くなっています。明日はトップグループについて行き、地元で表彰台を狙います。」

高橋裕紀(予選総合9位):
「タイヤが温まっていなく、少し早くプッシュしてしまい、ヘアピンで転びました。転び前まではいい感じで走れました。明日は3度目の転倒をしないように気をつけます。3列目からですが、トップグループに追走できると思います。」

Tags:
MotoGP, 2006, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, QP

Other updates you may be interested in ›