初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

大混戦のフリー走行

大混戦のフリー走行

大混戦のフリー走行

シリーズ第7戦カタルーニャGPのフリー走行3は17日、カタルーニャ・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。ダニ・ペドロサが続いた。

気温24度。路面温度37度、ドライコンディションの中、最高峰クラスの20歳ルーキー、ストーナーとペドロサが経験豊富なライダーたちを抑え、セッションを制すれば、初日総合トップだったバレンティーノ・ロッシはトップから0.027秒差で3番手。チームメイトのコーリン・エドワーズが続いた。

初日に好パフォーマンスを披露したケニー・ロバーツ・ジュニアは、ジョン・ホプキンスに次ぐ6番手。ニッキー・ヘイデン、セテ・ジベルナウ、ロリス・カピロッシが続いた。

初日15番手だった中野真矢は29ラップを走り、トップから0.712秒差の10番手。玉田誠は1.008秒差の13番手。16番手のカルロス・チェカまでがトップから1.5秒以内に並んだ。

Tags:
MotoGP, 2006, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, FP3

Other updates you may be interested in ›