初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ドビツィオーソ、初優勝

A.ドビツィオーソ、初優勝

A.ドビツィオーソ、初優勝

シリーズ第7戦カタルーニャGP250ccクラスの決勝レースは18日、カタルーニャ・サーキットで行われ、アンドレア・ドビツィオーソが中量級初優勝を飾った。

気温26度。路面温度45度のドライコンディションの中、2度目のポールポジションからスタートしたドビツィオーソは、ロベルト・ロカテリとアレックス・デ・アンジェリスとのバトルに競り勝ち、通算23戦目で初優勝。1996年にマックス・ビアッジが樹立した7戦連続の表彰台獲得記録に並んだ。

スタートに出遅れたホルヘ・ロレンソは、終盤にトップグループを猛追。最終ラップの1コーナーで2位に浮上すれば、デ・アンジェリス、ロカテリが続き、代役参戦のアレックス・デボンは自己最高位タイの5位でフィニッシュした。

5番スタートの青山博一は6位。9番グリッドの高橋裕紀は7位。シルバン・ギュントーリ、アンソニ・ウエスト、マルティン・カルデェナスがトップ10入りした。

青山周平は、4ラップ目にバックストレートエンドで転倒。大事には至らなかった。

チャンピオンシップは、ドビツィオーソが初優勝で25ポイントを加算。2位のロレンソに25ポイント差。高橋と青山兄は3番手と4番手につける。

Tags:
250cc, 2006, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, RAC

Other updates you may be interested in ›