初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

WUP:ペドロサ、ドビツィオーソ、バウティスタがトップ

WUP:ペドロサ、ドビツィオーソ、バウティスタがトップ

WUP:ペドロサ、ドビツィオーソ、バウティスタがトップ

シリーズ第7戦カタルーニャGPのウォームアップ走行は18日、カタルーニャ・サーキットで行われ、ダニ・ペドロサ、アンドレア・ドビツィオーソ、アルバロ・バウティスタがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度34度のドライコンディションの中、11番グリッドの地元ペドロサとフリー走行3でトップだったケーシー・ストーナーがセッションをリード。ケニー・ロバーツ・ジュニア、セテ・ジベルナウ、ジョン・ホプキンスが続いた。

5番グリッドの中野真矢は6番手。コーリン・エドワーズ、ランディ・ド・プニエ、バレンティーノ・ロッシ、ニッキー・ヘイデンがトップ10入り。玉田誠は1.103秒差の16番手だった。

250ccクラスは、公式予選2を再現するようにドビツィオーソとホルヘ・ロレンソがトップ争いを展開。アレックス・デ・アンジェリス、ロベルト・ロカテリ、シルバン・ギュントーリがトップ5入り。青山博一と高橋裕紀は6番手と7番手。青山周平は13番手だった。

125ccクラスは、ポールポジションのバウティスタが2番グリッドのミカ・カリオに0.403秒差をつければ、シモーネ・コルシ、セルジオ・ガデア、フリアン・シモンがトップ10入り。小山知良は左手首を骨折のために、欠場した。

Tags:
MotoGP, 2006, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, WUP

Other updates you may be interested in ›