初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

第8戦TTアッセンの開幕を前日に控え、主役たちがプレスカンファレンスに出席した。

前戦2位でポイントリーダーに返り咲いたニッキー・ヘイデンは、午前中に改修されたコースを下見。「少し不思議だ。新しいセクションは非常に狭いけど、実際に走るまでは説明するのが難しい。現時点で言えることは、今までとはセッティングが違うと言うことだ。」

「シーズンのこの時期は賢く、安定しなければいけない。連戦は重要だけど、ここではプレシーズンの仕事が結果として反映されなければいけない。」

2連勝でポイントランク3位に浮上したバレンティーノ・ロッシは、ヤマハM1でアッセン3連勝を目指す。「アッセンはシーズン中で最古のコースであり、特に500cc時代にはいいベンチテストの場所だった。コースの前半セクションは全く新しいけど、後半セクションは分かっている。バイクのレスポンスを見なければいけない。」

「ルマンでチャタリングの問題を解決してから、大きな自信を得ている。ムジェロとカタルーニャのレースはとても重要だった。高速サーキットの続く連戦で集中力を維持しなければいけない。」

地元カタルーニャGPで転倒リタイヤしたトニ・エリアスは、チームメイトの容態を心配していた。「後方からのスタートで、ドゥカティの2台がコースアウトして行くのを見たけど、特にマルコ(・ミランドリ)がダニ(・ペドロサ)のバイクに引きずられて行くのを見て、とても不安だった。幸運にも大丈夫のようだし、明日のフリー走行に走るようだ。」

最高峰クラス通算150戦目を21度目の表彰台で祝ったケニー・ロバーツ・ジュニアは、KR211Vの進歩について提言を述べた。「シーズン序盤からこのリザルトを獲得するために戦わなければいけなかったと思う。もし、スポンサーを獲得して、もう1人のライダーがいれば、来年は安定して表彰台争いができるだろう。」

「ホンダの協力のおかげで、僕たちは進歩した。僕たちのバイクは根本的に悪くない。将来、バイクを進歩させるためには、チームが成長し、2人目のライダーを起用する必要がある。もし、僕が方向性を間違えたら、その代償は大きく、貴重な時間を失ってしまう。もし、2人いれば、2つの意見を確認することができる。」

Tags:
MotoGP, 2006, A-STYLE TT ASSEN

Other updates you may be interested in ›