初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.テロールが初めてトップタイムをマーク

N.テロールが初めてトップタイムをマーク

N.テロールが初めてトップタイムをマーク

シリーズ第8戦TTアッセン125ccクラスのフリー走行1は22日、TTアッセンで行われ、ニコラス・テロールがトップタイムをマークした。

気温15度。路面温度15度のドライコンディションの中、前戦カタルーニャGPで自己最高位の11位を獲得したフル参戦2年目の17歳スペイン人ライダーは、その勢いに乗り、改修工事が行われたばかりのコースで、初めてセッションを制した。

ランク2位のミカ・カリオとランク1位のアルバロ・バウティスタは2番手と3番手。セルジオ・ガデア、ファブリツィオ・ライ、ルーカス・ペセック、パブロ・ニエトまでが1分46秒台を刻み、ジョアン・オリベ、アヘン・ロドリゲス、シモーネ・コルシがトップ10入りした。

ランク3位のマティア・パシーニは11番手。昨年の王者トーマス・ルティは13番手。昨年の勝者ガボール・タルマクシは14番手。負傷代役参戦の葛原大陽は、トップから3.724秒差の40番手だった。

Tags:
125cc, 2006, A-STYLE TT ASSEN, FP1

Other updates you may be interested in ›