初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.カリオ、接戦を制して今季2勝目

M.カリオ、接戦を制して今季2勝目

M.カリオ、接戦を制して今季2勝目

シリーズ第8戦TTアッセン125ccクラスの決勝レースは24日、TTアッセンで行われ、ミカ・カリオがポール・トゥ・ウインを飾った。

気温18度。路面温度22度のドライコンディションの中、ポールポジションのフィンランド人ライダー、2番グリッドのアルバロ・バウティスタ、4番グリッドのセルジオ・ガデアの3人が最終ラップの最終コーナーまでスリリングなバトルを展開。カリオが僅少0.122秒差でガデアを制し、今季2勝目、通算6勝目を飾った。

集団となった4位争いは、シモーネ・コルシが競り勝ち、スタート前のウォームアップラップでエンジンストールしたルーカス・ペセックは最後尾からスペクタクロなポジション奪取で5位フィニッシュ。エクトル・ファウベル、マティア・パシーニ、トーマス・ルティ、パブロ・ニエト、ラファエレ・デ・ロサがトップ10入りした。

自己最高7番グリッドのニコラス・テロールは、チームメイトのペセック同様にウォームアップラップでエンジンストール。ピットレーンからスタートして、15位まで巻き返した。小山知良の負傷代役に抜擢された葛原大陽は28位だった。

チャンピオンシップは、今季7度目の表彰台を獲得したバウティスタが16ポイントを加算。通算160ポイントに到達すれば、カリオは47ポイント差の2位。自己最高位タイの2位でフィニッシュしたガデアはランク5位から3位に浮上した。

Tags:
125cc, 2006, A-STYLE TT ASSEN, RAC

Other updates you may be interested in ›