初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、独走V

J.ロレンソ、独走V

J.ロレンソ、独走V

シリーズ第8戦TTアッセン250ccクラスの決勝レースは24日、TTアッセンで行われ、ホルヘ・ロレンソが今季4勝目を飾った。

気温22度。路面温度25度のドライコンディションの中、改修されたコースに素早い順応を見せ、今季5度目のポールポジションからスタートしたスペイン人ライダーは、一度もポジションを譲ることなく、独走で今季4度目のポール・トゥ・フィニッシュを決めた。

アレックス・デ・アンジェリスは、僅少差で2位争いを制して3戦連続の表彰台を獲得すれば、アンドレア・ドビツィオーソは開幕から8戦連続の表彰台獲得記録を延ばした。

エクトル・バルベラの負傷代役を務めたアレックス・デボンは、自己最高位となる4位フィニッシュ。ロベルト・ロカテリが続いた

スタート直後の多重クラッシュにより、レプソル・ホンダからデビューしたマルティン・カルデェナスをはじめ、ヤコブ・シュムルツ、シルヴァン・ギュントーリら5人が転倒リタイヤ。5番グリッドの高橋裕紀はオープニングラップで14位まで後退したが、最終ラップにはマルコ・シモンセリを逆転。6位でゴールすれば、青山博一と青山周平も22位、23位までポジションを落としたが、徐々にポジションを挽回。9位と12位でフィニッシュした。

チャンピオンシップは、ドビツィオーソが16ポイントを加算。通算149ポイントに伸ばせば、ロレンソが16ポイント差に接近。高橋は50ポイント差のランク3位。青山博一は57ポイント差でランク4位につける。

Tags:
250cc, 2006, A-STYLE TT ASSEN, RAC

Other updates you may be interested in ›