Tickets purchase
VideoPass purchase

王者の走りを見せたV.ロッシ

王者の走りを見せたV.ロッシ

王者の走りを見せたV.ロッシ

バレンティーノ・ロッシは、第8戦TTアッセンでファンタスティックなパフォーマンスを披露。チャンピオンとしての意地、タイトル獲得への執念を見せた。

初日午前のフリー走行1で転倒を喫した際に、右手首豆状骨と左足首くるぶしを骨折。2日目の公式予選では終盤にセッションを切り上げ、デビューシーズンの1996年第2戦インドネシアGP(125ccクラス)に並ぶ、自己ワースト記録タイの16位に終ったが、決勝レースでは上位陣に匹敵するラップタイムを刻み、8位でフィニッシュした。

「痛みがあり、特にスタートでは100%で走ることができなかったけど、悪くはなかった。序盤はけがの状態が心配だったけど、アドレナリンが出始めてから走れるようになった。楽しくなった。」

「チームは厳しい状況の中で素晴らしい仕事をした。セッションでほとんどデータを収集しなかったけど、バイクもタイヤも完璧だった。」

レース前、ロッシはクリニカ・モバイルで念入りなアイシングをすると、チームはスロットルとブレーキレバーのポジションを調整。レース後、チームとクリニカ・モバイルの関係者に感謝の言葉を送った。

Tags:
MotoGP, 2006, A-STYLE TT ASSEN, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›