初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中野真矢、自己最高2位奪取!

中野真矢、自己最高2位奪取!

中野真矢、自己最高2位奪取!

中野真矢は、第8戦TTアッセンで最高峰クラス最高位となる2位でフィニッシュ。カワサキにドライコンディションでのベストリザルトをもたらした。

改修されたコースに素早い順応性を見せた中野は、公式予選ではポールタイムから僅少0.013秒差で自己最高位タイの2番グリッドを奪取。決勝レースでは中盤にジョン・ホプキンスを抜いて3位に浮上すると、安定したラップタイムを刻み、最後まで粘り強い走りを見せた。

「初日からマシンのバランスも良く、セッティングも進み、良い感触が走れました。レースではスタートも良く、スズキのジョン(・ホプキンス)を抜いてから、自分のペースを守るように走りました。後方からの追い上げがあったので厳しかったですが、最後にコーリン(・エドワーズ)が転倒して、2位でゴールできました。」

「今回のレースはタイヤも決まって、バイクも良かった。新しいコースになってから、抜きどころが少なかったので、フロントローを獲るのがキーポイントでした。」

「ここ数戦はペナルティで悔しいレースが続いていましたが、今日はチームにとっても、カワサキにとっても、ブリヂストンにとっても、いいリザルトを獲得しました。次のドニントンが楽しみです。」

Tags:
MotoGP, 2006, A-STYLE TT ASSEN

Other updates you may be interested in ›