初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プレビュー:A.ドビツィオーソ対J.ロレンソ

プレビュー:A.ドビツィオーソ対J.ロレンソ

プレビュー:A.ドビツィオーソ対J.ロレンソ

抜群の安定感を武器に、開幕から8戦連続の表彰台記録を伸ばすアンドレア・ドビツィオーソは、ライバルたちとのアドバンテージを計算しながら、3連戦最後の舞台、ドニントンパークに入った。

ポイントリーダーの最大のライバル、ホルヘ・ロレンソは、アッセンで今季4度目のポール・トゥ・ウインを決め、16ポイント差までギャップを縮めた。ドニントンでは予選からプレッシャーをかけて行きたいところだ。

スタート直前の多重クラッシュにより、オープニングラップで大きく順位を落としてしまった高橋裕紀と青山博一は、上位陣と同じようなラップタイムを刻み、スペクタクロなポジション奪取に成功。再び上位進出を目指す。

2強の戦いに割って入っているのは、3年目の中量級で初めて3戦連続表彰台を獲得したアレックス・デ・アンジェリス。伏兵的な存在から、勢いに乗ってキャリア初優勝を狙う。

手首骨折で2戦に欠場していたエクトル・バルベラは、驚異的な回復力を見せて戦列に復帰する。一方で前戦の多重クラッシュで左鎖骨を骨折したマルティン・カルデェナスは、ザクセンリンクでの復帰に向けて、リハビリを開始した。

Tags:
250cc, 2006, GAS BRITISH GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›