初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ・マールボロ、カピロッシ&ホフマン体制を継続

ドゥカティ・マールボロ、カピロッシ&ホフマン体制を継続

ドゥカティ・マールボロ、カピロッシ&ホフマン体制を継続

ドゥカティ・マールボロは、セテ・ジベルナウの代役として、アレックス・ホフマンを連続起用することを発表。ロリス・カピロッシが徐々に負傷から回復していることを認めた。

第7戦カタルーニャGPの多重クラッシュにより、胸を強打したカピロッシは、強行出場した前戦TTアッセンで貴重な1ポイントを稼いだ。「ここ数日間は複数の検査を受け、特に異常がないことを確認した。治療を続け、あまり痛みが出ないことを願うけど、バイクに乗るまでは確かめようがないのも事実だ」と語った。

「まだ僕はポイントランク3位。チャンピオンシップは混戦だし、毎戦のポイントがシーズン終盤に生きてくる。ドニントンは特別な舞台。1990年に初優勝したところだ。」

ファクトリーマシンから参戦する2度目の機会を得たドイツ人ライダーは、「アッセンで学んだ全てのことが、ドニントンで活きるだろう。このバイクとタイヤのパフォーマンスを確認した今は自信があり、いい感じで週末に入って行くことができる」と抱負を語った。

Tags:
MotoGP, 2006, GAS BRITISH GRAND PRIX, Loris Capirossi

Other updates you may be interested in ›