初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

第9戦イギリスGP開催を前日に控え、MotoGPの主役たちがプレスカンファレンスに出席した。

前戦TTアッセンの勝利で、チャンピオンシップの重要なアドバンテージを得たニッキー・ヘイデンは、「僕はまだ勝利に飢えている。チームのスタッフたちは、バイクのパフォーマンスを引き出すために懸命に働いている。リザルトは彼らのご褒美だ」と関係者の努力を称えた。

右手首骨折のアクシデントを乗り越えたバレンティーノ・ロッシにとっては、第2の地元グランプリでベストリザルトを狙う。「左足首には小さな骨折があるけど大丈夫。それほど重要ではない。大きな問題は右手首だ。一日も早い回復を目指して治療に専念した。ここは大好きなサーキットだし、いい週末にする自信がある」と、ドニントン通算8勝目に向けて自信を見せた。

イギリス選手権の経験がある新人ケーシー・ストーナーは、一戦一戦に取り組んでいくことを強調した。「今シーズンは、戦闘力がすごく高いバイクで走っているから、毎戦、最大の集中力で臨まなければいけない。」

ここ数戦に好パフォーマンスを見せるケニー・ロバーツ・ジュニアは、チームの地元グランプリに挑戦する。「僕たちにとって、これはただの始まりに過ぎない。いいリズムがあり、足りないのはベストなスタートポジションを獲得することだ。これからこの分野を改善して行く。」

両親の故郷であるイギリスに戻ってきたジョン・ホプキンスは、トップ5入りを目指して戦うことを誓った。「初めてのポールポジションはすごく良かった。解放された気分だ。これからはトップ5入りに向けて戦わなければいけないし、僕たちにはその力がある。」

Tags:
MotoGP, 2006, GAS BRITISH GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›