初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、初日制す

D.ペドロサ、初日制す

D.ペドロサ、初日制す

シリーズ第9戦イギリスGPのフリー走行2は30日、ドニントンパークで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマーク。初日を制した。

気温27度。路面温度44度。好天に恵まれたドライコンディションの中、午前中のセッションでトップタイムをマークした20歳のルーキーライダーは、前戦TTアッセンのポールシッター、ジョン・ホプキンスに0.055秒差の1分28秒970をマーク。好スタートを切った。

もう1人の新人、ケーシー・ストーナーが0.094秒差の3番手。午前のフリー走行1で、負傷から回復していることを証明したマルコ・メランドリが5番手に入った。

前戦で自己最高位の2位を獲得した中野真矢は、意欲的に最多の32ラップを走行。トップから0.305秒差の5番手につければ、キャリア初優勝をゴール直前で逃したコーリン・エドワーズ、右手首骨折の影響がまだ残るバレンティーノ・ロッシ、好調ケニー・ロバーツ・ジュニア、前戦勝者のニッキー・ヘイデンが続き、玉田誠はトップから0.872秒差の10番手。初日総合で11番手だった。

午前中8番手だったロリス・カピロッシは、セッションをキャンセルした。

Tags:
MotoGP, 2006, GAS BRITISH GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›