初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

主役たちのコメント

D.ペドロサ(公式予選1位):
「勝つことは難しい目標。いいスタートをしなければいけない。レースは長いから、どのような展開となるか様子を見なければいけない。」

C.バーミューレン(公式予選2位):
「スターティンググリッドはすごく前だけど、レースは難しく、長いから、すごく厳しくなるだろう。でも、いい感じだ。」

M.メランドリ(公式予選3位):
「今シーズンのベストグリッドだ。2週間前のことを考えれば、信じられない。」

J.ホプキンス(公式予選4位):
「ポールポジションを含めて1列目を獲得できると考えていたから、少し欲求不満だ。」

L.カピロッシ(公式予選5位):
「レースは30ラップ。14ラップの連続走行を完了したから、明日のウォームアップでは、レースに向けて、できる限り休むつもりだ。もし、万全な体調ならばベストグリッドを獲得できたと思うけど、5番グリッドは悪くない。」

R.ドプニエ(公式予選6位):
「特に昨日は問題があっただけに、2列目に満足。チャタリングの問題を解消していないけど、満足できる。」

中野真矢(公式予選7位):
「ギアが抜ける症状が出て、何度かコースアウトしてしまいました。直しているうちに時間がなくなってしまい、タイムアップが出来ませんでしたが、アッセンのいい調子をここまで持って来ているので、明日も同じようなレースがしたいです。」

玉田誠(公式予選14位):
「最後のアタックの最終コーナーで転倒してしまいました。攻めての転倒だったので仕方がないですが、悔しいです。明日は上手くスタートを切って、前の集団について行きます。」

Tags:
MotoGP, 2006, GAS BRITISH GRAND PRIX, QP

Other updates you may be interested in ›