初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中野真矢、マシントラブルでリタイヤ

中野真矢、マシントラブルでリタイヤ

中野真矢、マシントラブルでリタイヤ

中野真矢は、第9戦イギリスGPでマシントラブルにより、リタイヤを強いられた。

前戦TTアッセン2位の調子を維持するように初日5番手につけた中野だったが、2日目からギアのトラブルに見舞われ、7番グリッドからスタートした決勝レースでは、14ラップ目にエンジントラブルにより、ZX‐RRが止まってしまった。

「1周目のペアピンでシフトダウンするときにギアボックスの問題が出てしまいました。ギアが硬過ぎて、なかなか入らず、タイムロスしてしまいましたが、そのなかでアックセルをあおったり、クラッチを強く握ったりしながら、ぎりぎりで入れて、何とか続け走り、ペースを掴み始めました。周りのペースも落ちてきたので、これからと行くときに、今度はエンジンが壊れてしまい、リタイヤしました。」

「前回からいい調子で来ていて、30周の長丁場になるレース展開を考えていただけに残念ですが、次ぎのザクセンリンクでも、いい走りができるように頑張ります。」

Tags:
MotoGP, 2006, GAS BRITISH GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›