初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

もう1人の新人C.ストーナーも好パフォーマンス

もう1人の新人C.ストーナーも好パフォーマンス

もう1人の新人C.ストーナーも好パフォーマンス

ケーシー・ストーナーは、第9戦イギリスGPで4位フィニッシュ。ポイントランク6位をキープした。

今季2勝目を挙げた同期ダニ・ペドロサの影に隠れてしまったが、20歳のオージーライダーは、初の最高峰クラスで9戦中7度目のトップ6入りを達成したが、リザルトに納得していなかった。

「ベストリザルトを期待していたけど、僕たちの仕事を上手くまとめ切れなかった。セッティングは完璧だったけど、バイクは公式予選の時からフリー走行のようなレスポンスがなかった。リアタイヤにいいトラクションがなく、周回を重ねるごとに体力が低下するのを感じ始め、いつものようなブレーキングができなかったから、最後は4位を確保しなければいけなかった。ロッシとメランドリのバトルに割って入るために接近できなかった。」

チームマネージャーのルーチョ・チェッキネロは、「この4位は重要なリザルトです。ストーナーとチームの戦闘力を証明しました。もう少しいいリザルトを獲得したかったですが、我々はMotoGPクラスで1年目であることを考えれば、満足できます。」

Tags:
MotoGP, 2006, GAS BRITISH GRAND PRIX, Casey Stoner

Other updates you may be interested in ›