初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、視線は次戦ドイツGPに

ドゥカティ、視線は次戦ドイツGPに

ドゥカティ、視線は次戦ドイツGPに

ドゥカティ・マールボロにとって、第9戦イギリスGPは厳しい戦いとなり、もう過去のこととして、次戦に向けて準備に取り掛かり始めた。

3連戦緒戦の第7戦カタルーニャGPで胸を強打したロリス・カピロッシは、初日午後のフリー走行2をキャンセル。決勝レース前のウォームアップ走行では僅か2周で切り上げて、体力を温存した。

「アッセンよりもすごくいい結果だけど、実際にはそれほどポジティブではない。2度のセッションで体力をセーブしたけど、レースではもう一度痛みに苦しんだ。」

前戦に引き続いて、セテ・ジベルナウの代役を務めたアレックス・ホフマンは、タイヤ選択のミスを嘆いた。「リアに硬すぎるタイヤを選び、序盤は信頼感がなかった。アッセンよりもいいリザルトで後味良く、ドゥカティ・マールボロを去りたかったから、そうならずに残念だ。」

Tags:
MotoGP, 2006, GAS BRITISH GRAND PRIX, Loris Capirossi

Other updates you may be interested in ›