初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヒューマンズゲスト・レーシング、収穫のブルノ・テスト

ヒューマンズゲスト・レーシング、収穫のブルノ・テスト

ヒューマンズゲスト・レーシング、収穫のブルノ・テスト

ヒューマンズゲスト・レーシングは6日、2日間のブルノ・テストを終了した。

250ccクラスのアンドレア・ドビツィオーソと高橋裕紀、125ccクラスのガボール・タルマクシとロレンソ・バローニの4人は、第12戦チェコGPの舞台となるブルノ・サーキットでテストに取り組んだ。

ドビツィオーソのチーフメカニックを務めるトマソ・ラポーニは、「ドニントンで見舞われたシャーシの問題を改善するための仕事ができました。四輪GP2のレースが開催された後で、コースコンディションは良好ではありませんでしたが、アンドレアはその状況下で好タイムをマークしました」とテストを評価した。

高橋のチーフメカニックであるトレボール・モリスは、後半戦に向けての収穫があったことを強調した。

「ドニントンのセッティングでテストをスタートしましたが、ユウキは思うように走ることができませんでした。2日目には一歩前進しました。ザクセンリンクでは役立てませんが、今後のレースに向けて、適したベースを見つかりました。」

Tags:
250cc, 2006

Other updates you may be interested in ›