初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

肩の痛みに耐えるフォルトゥナ・ホンダの両雄

肩の痛みに耐えるフォルトゥナ・ホンダの両雄

肩の痛みに耐えるフォルトゥナ・ホンダの両雄

フォルトゥナ・ホンダは、第7戦TTアッセンで左肩を骨折したトニ・エリアスが復帰することを発表。マルコ・メランドリは右鎖骨が骨折していることが判明した。

手術を回避してリハビリに励んでいたスペイン人ライダーは、「3週間自宅で我慢して、ようやく復帰できる。すごく嬉しい。腕を動かす度に激痛が走るけど、早期回復のために、1日2度のリハビリを積んで来た。バイクに乗って、肩の反応を見なければいけないけど、モチベーションは高まっているし、休んでいたから充電もバッチリだ」と3戦ぶりの復帰に向けて、意気込みを語った。

前戦終了後に精密検査を受けたメランドリは、第7戦カタルーニャGPの転倒で鎖骨が骨折していたことが判明した。

「ドニントンのリザルトにはメリットがある。右肩がまだ痛いから、今回の休みを利用して2003年に手術を担当してくれたポルセリーニ医師を訪問して精密検査を受けた結果、骨折が見つかった。最悪の時期は過ぎたけど、あまり腕を動かさないことを勧められた。」

Tags:
MotoGP, 2006, betandwin.com MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Marco Melandri, Toni Elias

Other updates you may be interested in ›