初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、3戦連続7度目のポールポジション

J.ロレンソ、3戦連続7度目のポールポジション

J.ロレンソ、3戦連続7度目のポールポジション

シリーズ第10戦ドイツGP250ccクラスの公式予選2は15日、ザクセンリンクで行われ、ホルヘ・ロレンソがポールポジションを奪取した。

気温23度。路面温度43度のドライコンディションの中、暫定ポールポジションのスペイン人ライダーは、最後のタイムアタックで1分25秒073秒をマーク。初日のフリー走行1から全4セッションを完全制覇し、3戦連続7度目のトップグリッドを獲得。ポイントリーダーのアンドレア・ドビツィオーソにプレッシャーをかけた。

暫定4位の高橋裕紀は、最後のタイムアタックで自己最高位タイの2番手に浮上。今季5度目の1列目を確保すれば、エクトル・バルベラは初日のタイムで3番手。ロベルト・ロカテリが今季4度目の1列目を獲得した。

暫定9位の青山博一は、4戦連続表彰台獲得のアレックス・デ・アンジェリスに次ぐ6番手。暫定10位のドビツィオーソはアンソニー・ウエストに次ぐ8番手。マルコ・シモンセリは9番手。暫定5位の青山周平は初日のタイムを更新できず、決勝レースは10番グリッドからスタートする。

Tags:
250cc, 2006, betandwin.com MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, QP2

Other updates you may be interested in ›