初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

サマーブレーク直前の第11戦アメリカGPの開幕を前日に控え、5人の主役たちがプレスカンファレンスに登場した。

地元グランプリをポイントリーダーとして迎える昨年の勝者ニッキー・ヘイデンは、「日曜に僕がストロングであることを証明したい。最もタフなレースになることは自覚しているし、今回がチャンピオンシップの幾つかの視点から重要なレースとなる」と、気を引き締めた。

同胞のルカ・カダローラ以来、アメリカ人以外では2人目のラグナセカ制覇を目指すバレンティーノ・ロッシは、「昨年はニッキーとコーリン(・エドワーズ)に追いつけて行くことができたし、彼らの走行ラインを確認した。日曜の決勝レースは、みんなにとって重要だ」と、自信を見せた。

浮き沈みの激しいシーズンから脱出を図りたい昨年2位のエドワーズは、地元有利がないことを説明した。「アメリカのレースを見るのが好き。1レースだけでは、ファンを魅了させるのは不十分だ。地元ライダーたちはそれほど大きなアドバンテージはないと思う。コースが変更されて、みんなが同じレベルになるだろう。」

一方でケニー・ロバーツ・ジュニアは、地元勢の可能性を強調した。「今年はニッキーがポイントリーダーだから、関心が高まる。ファンはアメリカ人たちの好パフォーマンスを期待し、バレンティーノが30秒差のアドバンテージで勝つところを見たくないはずだ。」

戦闘力が高まったバイクとタイヤで初の表彰台を狙うジョン・ホプキンスは、「この瞬間をずっと待っていた。バイクは昨年より大きく進歩し、ブリヂストンは素晴らしい仕事を実現している」と、意気込みを語った。

Tags:
MotoGP, 2006, RED BULL U.S. GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›