初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

サンデーガイド

サンデーガイド

サンデーガイド

C.バーミューレン:今季2度目、ドライコンディションでは初のポールポジション奪取。ラグナセカではスズキとブリヂストンに初のトップグリッドをもたらす。

C.エドワーズ:今季最高位の2番グリッド。前戦の12位で31戦連続ポイント獲得に成功。

K.ロバーツ・ジュニア:今季3度目の1列目。アメリカ人ライダー2人が1列目に並ぶのは、今季5度目。2日後に33歳の誕生日を迎える。

D.ペドロサ:もし優勝すれば、最高峰クラスにおけるルーキーシーズンの3勝目は1978年のケニー・ロバーツ以来となる。

J.ホプキンス:前戦ドイツGPで、昨年の総合獲得ポイント(63ポイント)を更新(64ポイント)。

N.ヘイデン:今季6番グリッド以内からスタートしたレースでは、全戦で表彰台獲得。

C.ストーナー:第4戦中国GP以来となる7番グリッド。

M.メランドリ:もしトップ3以内でフィニッシュすれば、最高峰クラスで初の3戦連続表彰台獲得となる。

V.ロッシ:4戦連続して4列目以降からのスタート。ラグナセカとイスタンブールパークで、まだ優勝経験がない。

S.ジベルナウ:最高峰クラス通算150戦目。

Tags:
MotoGP, 2006, RED BULL U.S. GRAND PRIX, WUP

Other updates you may be interested in ›