初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

主役たちのコメント

C.バーミューレン(公式予選1位):
「2年前のスーパーバイクではもっと速く走ったけど、新しいサーキットはいい感じだ。ビックリザルトを獲得したから満足。GSV‐Rとブリヂストンは、ここですごくいいパフォーマンスを証明した。」

C.エドワーズ(公式予選2位):
「コースの3セクション目までは、バイクの上ですごくいい感触がある。全員が懸命に働いている。明日の決勝レースでエンジョイできることを願う。」

K.ロバーツ・ジュニア(公式予選3位):
「決勝用タイヤですごくいい感じがある。スムーズだ。バイクのパフォーマンスは完璧。明日のタフで長いレースで全てが上手く行くと自信がある。」

D.ペドロサ(公式予選4位):
「路面がすごく滑るから、いつものようにタイヤ選択の仕事ができなかった。あまりにも暑かったからかもしれない。タイムはすごく遅かった。予選タイヤでも午前のタイムを更新することができなかった。」

N.ヘイデン(初日総合6位):
「もちろん、1列目を獲得したかったけど、クリアーラップが獲れなかった。最後は1人抜かなければいけなかった。今夜、幾つか調整して、いいスタートを切り、全力を尽くす。昨年より、強さを感じる。」

中野真矢(初日総合8位):
「1列目と2列目に並べれば良かったですが、初日と今日の朝のセッションまでの状態を考えれば、3列目は良かったです。気温が高いですが、その方が、僕たちの場合は反対にタイヤがグリップするので、レースにはチャンスがあると思います。」

玉田誠(初日総合14位):
「脚に力が入らずに踏ん張れない状態で、正直、厳しいですが、マッシージをしてもらって、良くなっています。明日はベストを尽くします。」

Tags:
MotoGP, 2006, RED BULL U.S. GRAND PRIX, QP

Other updates you may be interested in ›