初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

WUP:C.ストーナー、セッションリード

WUP:C.ストーナー、セッションリード

WUP:C.ストーナー、セッションリード

シリーズ第11戦アメリカGPのウォームアップ走行は23日、ラグナセカで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温32度。路面温度40度のドライコンディションの中、7番グリッドのストーナーは快調にラップタイムを刻み、最後にはポールタイムを上回る1分23秒029秒をマークすれば、4番グリッドのダニ・ペドロサは0.380秒差の2番手に入り、ラグナセカ初挑戦の新人2人が上位を占めた。

10番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、3番手に浮上。ポールポジションのクリス・バーミューレン、ニッキー・ヘイデン、マルコ・メランドリ、ジョン・ホプキンス、ケニー・ロバーツ・ジュニア、ロリス・カピロッシがトップ10入りした。

8番グリッドの中野真矢と14番グリッドの玉田誠は、13番手と17番手だった。

Tags:
MotoGP, 2006, RED BULL U.S. GRAND PRIX, WUP

Other updates you may be interested in ›