初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ:「初めてタイトルの重圧を感じない」

V.ロッシ:「初めてタイトルの重圧を感じない」

V.ロッシ:「初めてタイトルの重圧を感じない」

バレンティーノ・ロッシは、前半戦最後の第11戦アメリカGPでリタイヤを喫した。

10番グリッドから徐々にポジションアップに成功。20ラップ目に4位に浮上して、クリス・バーミューレンを追い上げていたが、残り6ラップに失速。チャンピオンシップを考え、可能な限りのポイントを稼ぐために走り続けたが、最終ラップにエンジントラブルのためにリタイヤした。

「問題は週末ずっとあった。いいセッティングを見つけるために多くの困難に出くわした。満足する解決策が見つからなかったが、ウォームアップ走行で上手く走れるように思えた。レースではタイヤの左側のグリップ力がなくなり、最後はエンジンのポテンシャルが失われた。そこで全てが終った」と、今季3度目の0ポイントに終わり、ポイントリーダーとのギャップは51ポイントに広がった。

「初めてタイトルの重圧を感じない。チャンピオンシップのギャップが大きいからだ。これからは、今後のレースに全力を尽くすことに集中しなければいけない。」

Tags:
MotoGP, 2006, RED BULL U.S. GRAND PRIX, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›