初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

K.ロバーツ・ジュニア:「できる限り全力を尽くした」

K.ロバーツ・ジュニア:「できる限り全力を尽くした」

K.ロバーツ・ジュニア:「できる限り全力を尽くした」

ケニー・ロバーツ・ジュニアは、第11戦アメリカGPで4位フィニッシュ。地元で好パフォーマンスを披露した。

2戦連続3度目の1列目を獲得したアメリカ人ライダーは、終始マルコ・メランドリとのバトルを展開。ホンダRC211Vエンジンを搭載したオリジナルマシンで、今季2度目の表彰台獲得まであと一歩に近づいた。

「できる限り全力を尽くした」と7月25日に33歳の誕生日を迎えたロバーツは振り返った。「幾つか困難なことがあり、最初からトラクションコントロールを使用した。メランドリも同じようだったが、リスクを冒さないようにした。」

「少しソフトタイヤを使用し、終盤はタイヤが消耗してしまい、転倒のリスクを背負いながら走った。全力を尽くして、彼のリアに追いついて行き、ミスを待った。しかし、彼はミスをしなかった。」

Tags:
MotoGP, 2006, RED BULL U.S. GRAND PRIX, Kurtis Roberts

Other updates you may be interested in ›