初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

R.ドプニエ:「キャリアで一番厳しかった」

R.ドプニエ:「キャリアで一番厳しかった」

R.ドプニエ:「キャリアで一番厳しかった」

ランディ・ド・プニエは、第11戦アメリカGPに初挑戦。「キャリアで一番厳しかった」とレース後に語った。

15番グリッドからスタートした決勝レースでは、オープニングラップで最後尾に後退。今季一番の猛暑のコンディションの中で最後まで我慢の走りに徹して、12位でチェッカーを受けた。

「僕のキャリアで一番タフなレースだった。このコンディションで非常に難しいレースになることは分かっていたが、これほど体力に厳しいとは思っていなかった。スタートは悪かったし、バイクのレスポンスは朝のウォームアップとは全く違っていた。」

「最後は玉田のリアに追いついたけど、抜くことは非常に危険だった。最終的にポイントを稼いだけど、自分のパフォーマンスに満足しているとは言うことができない。」

Tags:
MotoGP, 2006, RED BULL U.S. GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›