初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

前半戦のキーポイント4~王者、序盤2度目の失態

前半戦のキーポイント4~王者、序盤2度目の失態

前半戦のキーポイント4~王者、序盤2度目の失態

7月31日からスタートしたサマーブレーク特別企画『前半戦のキーポイント』。第4弾は、バレンティーノ・ロッシの中国GPリタイヤを振り返る。

ポイントリーダーから12ポイント差のギャップで迎えた第4戦中国GP。13番グリッドからスタートしたイタリア人ライダーは、スペクタクロなポジションアップを披露。表彰台獲得を射程圏内に捉えた16ラップ目に失速。緊急ピットインをして、リアタイヤを交換したが、僅か1ラップ後に再びピットイン。フロントタイヤのトラブルにより、リタイヤを喫した。

ロッシは、0ポイントに終ったことから、ポイントリーダーとのギャップは32ポイント差に広がった。

Tags:
MotoGP, 2006, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›