初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

G.ボルソイ:「バウティスタはミスを犯さないライダーだ」

G.ボルソイ:「バウティスタはミスを犯さないライダーだ」

G.ボルソイ:「バウティスタはミスを犯さないライダーだ」

マステル‐MVA・アスパル・チームでスポーツディレクターを務めるジーノ・ボルソイは、シーズン前半戦を振り返った。

「今年はラッキーです。当然、ピットボックス内はアドレナリンがマックスですが、ライダーたちだけでなく、メカニックたちも良好な関係で仕事に取り組んでいます。サッカーチームのようなメンタリティーを持たなければいけないことは最初から理解していましたから、全てが順調に機能していることは素晴らしいです。」

「今までは簡単に上位に進出しましたが、この状態を維持することの方が難しいです。まだ、チャンピオンシップが続くことを決して忘れてはいけません。ここまでの展開を考えるのではなく、毎日の仕事に全力を尽くさなければいけません。」

元125ccライダーは、チームマネージャーのホルヘ・マルティネス・アスパルと共に、毎レース前に所属ライダーたちを召集。チームメイト同士で問題が生じず、冷静にレースに臨むことを強調する。

「全員が優勝を目指しているので、感情をコントロールするのが難しいですが、フェアプレーで戦うことを命じ、ベストライダーが勝つことを伝えています。」

スポーツディレクターの立場からライダーたちを、「アルバロ・バウティスタは集中力が高く、速く、優雅で、ミスを犯さないライダーです。マティア・パシーニはアグレッシブな戦士ですが、ミスを犯すことに不安があります。しかし、これは一時的なものです。セルジオ・ガデアには我々が落ち着きをもたらし、大きく成長しました。リスクを冒さずに上位に進出するでしょう。アレックス・デ・アンジェリスは一度優勝すれば、自分自身に自信を持つでしょう。全員が信じられないほど高いレベルにあり、すごく速いです」と評価した。

Tags:
250cc, 2006

Other updates you may be interested in ›