初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フォルトゥナ・ホンダのホスピタリティー

フォルトゥナ・ホンダのホスピタリティー

フォルトゥナ・ホンダのホスピタリティー

ヨーロッパで開催されるグランプリでは、ホスピタリティーがチームのホーム(=家)となる。

パドックを代表するフォルトゥナ・ホンダのホスピタリティーは、2台のトレーナーの組み合わせにより、150㎡の大きさを構え、年間11グランプリに登場するために、約3万キロを走行。12万リットルのガソリンを消費する。

通常、ホスピタリティーは木曜の午前からサービスを開始するために、火曜の午後にパドック入り。水曜の午前から約16時間を要して設置する。

ホスピタリティーでサービスを提供するのは6人のスタッフ。3人がキッチンを、他の3人がホールを担当する。

チームが1グランプリで準備するメニューは約700食。チームにとって重要なグランプリ:イタリアGP、スペインGP、カタルーニャGP、バレンシアGPでは、約1000食を提供する。

興味深い主な数字:

メニュー:9,000食
メネラルウォーター:10,000リットル
ビール:3,000リットル
紅茶:1,000リットル
コーヒー:12,000杯
ポテトチップ:6,000キロ
オリーブオイル:150リットル
パン:1,000キロ
パスタ:1,000キロ

Tags:
MotoGP, 2006

Other updates you may be interested in ›