初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プレビュー:残り6戦の後半戦が開幕

プレビュー:残り6戦の後半戦が開幕

プレビュー:残り6戦の後半戦が開幕

約1ヶ月間のサマーブレークを経て、チャンピオンシップ唯一の東欧開催となる第12戦チェコGPが、今週末ブルノで行われる。

前戦アメリカGPでシーズン2勝目を飾ったポイントリーダーのニッキー・ヘイデンは、家族と一緒に地元でバカンスをエンジョイ。数日間の休息の後には、初のタイトル獲得に向けて残りの6戦に戦うために通常のトレーニングを積み、準備を進めてきた。

2勝を含む5度の表彰台を獲得して、34ポイント差のランク2位につける新人ダニ・ペドロサは、残りのシーズンで4年連続してタイトル争いを続けてきた経験が活きてくるが、1年目は学習期間であることを強調する。

44ポイント差のマルコ・メランドリは、昨シーズンも第11戦を終了した時点でランク3位。2002年に250ccクラスで初タイトルを獲得した経験を活かしたいところだ。

「今年はすごく不運だった」とバレンティーノ・ロッシは、10戦中3度のリタイヤを喫したことから、自力での連覇が厳しい状況となったことを認め、今後はタイトル獲得を考えずに1戦1戦優勝を目指して戦うことを宣言した。

セテ・ジベルナウは、前戦終了後に骨折した左鎖骨を再手術。完治していないことから、今グランプリをキャンセルすることを決め、所属のドゥカティ・マールボロは前回同様にサテイライトチームのプラマック・ダンティーンに所属するアレックス・ホフマンを起用。ドイツ人ライダーの代役には、再びイバン・シルバが参戦することが決定した。

第10戦ドイツGPで左膝を負傷した玉田誠は、2週間連続の前戦と鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦。日本で治療に専念すれば、中野真矢は日本GPのPR活動を意欲的に取り組んできた。

Tags:
MotoGP, 2006, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›