初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポイントリーダー、1位発進

ポイントリーダー、1位発進

ポイントリーダー、1位発進

シリーズ第12戦チェコGPのフリー走行1は18日、ブルノで行われ、ポイントリーダーのニッキー・ヘイデンがトップタイムをマークした。

気温25度。路面温度27度のドライコンディションの中、前戦アメリカGPで今季2勝目を飾ったヘイデンは、サマーブレーク明けの初セッションで1分59秒387をマーク。一番時計を刻み、初タイトル獲得に向けて好発進した。

1戦ずつ戦っていくことを強調したバレンティーノ・ロッシは、トップから0.047秒差の2番手。マルコ・メランドリ、ケニー・ロバーツ・ジュニア、ダニ・ペドロサ、ケーシー・ストーナーが続いた。

中野真矢は22ラップを走り、トップから0.484秒差の7番手。トニ・エリアス、コーリン・エドワーズ、ロリス・カピロッシがトップ10入りした。

玉田誠はトップから1.142秒差の14番手だった。

Tags:
MotoGP, 2006, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, FP1

Other updates you may be interested in ›