初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

サンデーガイド

サンデーガイド

サンデーガイド

V.ロッシ:第7戦カタルーニャGP以来シーズン2度目、最高峰クラスで通算32度目のポールポジション奪取。過去31度のトップグリッドから26勝、勝率84%を記録する。

V.ロッシ:10年前の1996年8月18日、チェコGP125ccクラスでキャリア初優勝を達成。

トップ11:2005年にセテ・ジベルナウが樹立したベストポールを上回る。

L.カピロッシ:第6戦イタリアGP以来の1列目復帰。

K.ロバーツ・ジュニア:3戦連続シーズン4度目の1列目スタート。

N.ヘイデン:シーズン7度の2列目スタートから全戦で表彰台獲得。

中野真矢:シーズン8度目のトップ5グリッド入り。ブルノでは2年連続して12位。

T.エリアス:第2戦カタールGPで3番グリッドを獲得して以来のベストグリッド。

C.エドワーズ:32戦連続ポイント連取。ミック・ドゥーハンの37戦連続に挑戦中。

D.ペドロサ:もし、優勝すれば、史上最年少(20歳と325日)の3クラス優勝者となる。ここまでの記録は、マイク・ヘイルウッドがTTマン島(125cc、250cc、500cc)を21歳と75日で制した。

Tags:
MotoGP, 2006, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, WUP

Other updates you may be interested in ›