初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、今シーズン2度目のポールポジション奪取

V.ロッシ、今シーズン2度目のポールポジション奪取

V.ロッシ、今シーズン2度目のポールポジション奪取

シリーズ第12戦チェコGPの公式予選は19日、ブルノで行われ、バレンティーノ・ロッシがポールポジションを奪取した。

気温25度。路面温度39度のドライコンディションの中、1996年にキャリア初優勝を飾った思い出の舞台に帰ってきたイタリア人王者は最後のタイムアタックで、2005年にセテ・ジベルナウが樹立した1分57秒507を1.316秒更新する1分56秒191を叩き出し、第7戦カタルーニャGP以来となる今シーズン2度目、最高峰クラスで通算32度目のトップグリッドを獲得した。

午前中のセッションでトップタイムをマークしたロリス・カピロッシは、0.250秒差の2番手。セッション途中にインジェクションのトラブルに見舞われたケニー・ロバーツ・ジュニアだったが、3戦連続4度目の1列目を獲得した。

ポイントリーダーのニッキー・ヘイデンは4番手。中野真矢は、トップから0.579秒差の5番手。シーズン8度目のトップ5入りを果たせば、トニ・エリアス、ジョン・ホプキンス、コーリン・エドワーズが続き、セッション途中でエンジントラブルに見舞われたランク2位のダニ・ペドロサは9番手。初日2番手だったランディ・ド・プニエは、トップから0.994秒差でトップ10入りした。

ベストポールを更新したランク3位のマルコ・メランドリは11番手。玉田誠はトップから2.048秒差の15番手だった。

Tags:
MotoGP, 2006, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, QP

Other updates you may be interested in ›