初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、6度目のポール・トゥ・フィニッシュ

J.ロレンソ、6度目のポール・トゥ・フィニッシュ

J.ロレンソ、6度目のポール・トゥ・フィニッシュ

シリーズ第12戦チェコGPの決勝レースは20日、ブルノで行われ、ホルヘ・ロレンソが優勝した。

気温23度。路面温度32度のドライコンディションの中、シーズン8度目のポールポジションからスタートしたポイントリーダーは、終盤に入ってから徐々にライバルたちを引き離し、シーズン6度目のポール・トゥ・フィニッシュを決め、アプリリアとの1年間延長契約を自ら祝い、来年のイタリアンファクトリーNo1ライダーに指名された実力を証明した。

2番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、最終コーナーで2位に浮上すれば、青山博一はシーズン4度目の表彰台を獲得。ロベルト・ロカテリが4位でフィニッシュした。

エクトル・バルベラは、青山周平との5位争いに僅少差で競り勝ち、マルティン・カルデェナスがキャリアベストの7位でゴール。シルバン・ギュントーリ、マルコ・シモンセリ、ヤコブ・シュムルツがトップ10入りした。

右大腿骨骨折から復帰戦となった関口太郎は、24番グリッドから17位でチェッカーを受け、目標の完走を果たした。

チャンピオンシップは、ホレンソがドビツィオーソに7ポイント差のアドバンテージを広げた。

Tags:
250cc, 2006, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, RAC

Other updates you may be interested in ›