初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.ジベルナウ、GP07テストに熱い視線

S.ジベルナウ、GP07テストに熱い視線

S.ジベルナウ、GP07テストに熱い視線

セテ・ジベルナウは、ブルノ合同テストが行われているサーキットに登場。プロトタイプの800ccテストに参加した。

鎖骨骨折がまだ完治していない33歳のスペイン人ライダーは、第12戦チェコGPをキャンセル。リハビリを続ける一方で、ドゥカティの重要なテストに立ち会い、「来年に投入される800ccの開発に対しても、ドゥカティはいい仕事をしていることを確認できた。800ccは新しいプロジェクト。ロリスはすごくいい感触を得ていたから、僕も早く乗ってみたい」とGP07に視線を送っていた。

「体調は良くなっている。走りたかったけど、医師団の決定に従わないと。ラグナセカの後、埋めていた固定プレートが破損していることが見つかり、今は2枚のプレートと15本のボトルを入れている。もし、もう一度壊れてしまえば、重症だ。そうなれば骨を移植することになってしまう。それはリスクが高く、避けなければいけない。」

「精神面では100%。マレーシアでは身体面も同じような状態に持って行きたい。来週にはもう一度検査を受ける予定。早く復帰したい。」

Tags:
MotoGP, 2006, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›