初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

キャメル・ヤマハ、残り5戦に向けて上々の仕上がり

キャメル・ヤマハ、残り5戦に向けて上々の仕上がり

キャメル・ヤマハ、残り5戦に向けて上々の仕上がり

ヤマハのファクトリーチーム、キャメル・ヤマハは22日、2日間のブルノ合同テスト終えた。

2日間連続のトップタイムをマークしたバレンティーノ・ロッシは、「火曜はテストの進歩により満足した。幾つか新しいテストをテストし、バイクのバランスを追及する仕事に取り組んだ。僕たちのテストプランは、セッティングに集中すること。アクセルを開けた時の旋回性が向上した」と手応えを掴んでいた。

「ロングランを実施する機会はなかったけど、僕のリズムは十分だ。今回のテストを終え、残りのシーズンに向けて、どう仕事を進めて行くべきか、アイディアがより鮮明になった。800ccに関しては、僅か4ラップしか走っていないが、すごくいい印象を得た。」

コーリン・エドワーズはテストを通して、徐々にラップタイムを伸ばした。「今後のレースに向けて、いい解決策が見つかった。ブルノで機能したことが、他のサーキットでは必要ではないことは分かっていた。セパンでどうなるか楽しみだ。」

「ミシュランは、非常に興味深いタイヤを準備した。レインタイヤも大きな進歩を見せてくれた。」

Tags:
MotoGP, 2006, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›