初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

2001年リオGP

2001年リオGP

2001年リオGP

今回の『ザ・ヒストリー』は、500ccクラス最後のレースとなった2001年最終戦リオGPを紹介。

スタート直後に中野真矢とオリビエ・ジャックが転倒するアクシデントでスタートしたレースは、雨により途中中断。再スタート後、トップグリッドからスタートした宇川徹が転倒。カルロス・チェカが、0.052秒差でバレンティーノ・ロッシとの競り合いに勝ったが、2レースの総合タイムでロッシが0.143秒差で、シーズン11勝目を飾った。

Tags:
MotoGP, 2006

Other updates you may be interested in ›