初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ:「カリオがリスクを冒して来るのは当然だろう」

A.バウティスタ:「カリオがリスクを冒して来るのは当然だろう」

A.バウティスタ:「カリオがリスクを冒して来るのは当然だろう」

ポイントリーダーのアルバロ・バウティスタは、タイトル争いの重要なポイントとなる『フライウェイ3連戦』を前に心境を語った。

「正直に言って、スペクタクロではない。常にトップ4入りしているだけど、4位(第5戦フランスGP)はワーストリザルトだ。ミカ・カリオとは重要なアドバンテージがあるけど、現状で守りに入ることはない。もし、勝つチャンスがあれば、勝ちに行く。ブルノでは状況が明白だったから、最終ラップに僕たちは勝負し合って、上手く勝つことができた。今年は本当にいい年で、ブルノの勝利は重要だった。夏休みもリラックスしなかったことを証明するために、この状態を維持しなければいけなかった。これからも、勝てる時に勝ちに行く。」

「69ポイント差があるから、残りのレースに落ち着いて取り組める。もし、バイクに問題があれば、慎重に行くけど、そうでなければ勝ちに行く。」

『フライウェイ3連戦』中に初タイトル獲得の可能性があることについては、「タイトル獲得を祝うことができれば、それはどこでもいい。もちろん、1戦でも早いに越したことはない。これから迎える全サーキットが好きだし、昨年までの経験で後半戦唯一の問題はブルノだったから、不満は全くない」と認めた。

最大のライバル、ミカ・カリオとのタイトル争いについては、自分のレースをすることを強調した。「彼はレースに勝つために、リスクを冒して来るのは当然だろう。だけど、それほど心配していない。」

「来年は250ccクラスに進みたい。だけど、タイトルを獲得するまでは、できるだけ考えないようにしたい。今重要なのはここまでのシーズンにように、一戦一戦に仕事を続けて行くこと。将来に関しては、その後だ。」

Tags:
125cc, 2006

Other updates you may be interested in ›