初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

G.タルマクシ:「夢は250ccクラスに進むこと」

G.タルマクシ:「夢は250ccクラスに進むこと」

G.タルマクシ:「夢は250ccクラスに進むこと」

ガボール・タルマクシは、第12戦チェコGPで今季初、通算6度目の表彰台を獲得。終盤戦への期待感、来季への展望などについて語った。

Q: 厳しいシーズンが続いた中で、今回の表彰台は君自身も驚きだったのでは?
A:バカンス前の状況から、ブルノでこんなにいいリザルトを獲得できるなんて全く期待していなかった。1ヶ月間のバカンスは、チームにとっても僕にとっても良かった。週末はあまりテクニカルなトラブルがなかった。

Q: 今回の3位が、浮上のきっかけとなるだろうか?
A:重要なのはチームと僕が、テクニカルレベルでギャップやリミットがある中で、ブルノのように好結果を獲得できる力があると自信を持つことだ。

Q: 今後のレースについては、どうだろう?
A:3連戦は好きなサーキットで開催される。体調もいいし、落ち着いてレースに臨める。好パフォーマンスをして、安定した走りをしたい。

Q: 終盤戦の目標は?
A:まずは僕たちの戦闘力を維持すること。ランキングでトップ3入りは到達不可能だと自覚しているけど、トップ8入りは果たしたい。

Q: 来シーズンの可能性については?
A:マネージャーが現在所属するチームと交渉を開始したところ。他のチームとも接触している。夢は250ccクラスに進むことだけど、戦闘力の高いファクトリーバイクで走る場合のみ、受け入れたい。そうでなければ、125ccクラスを続けるつもりだ。幾つもの提示があり、興味深いのもある。

Tags:
125cc, 2006, Gabor Talmacsi

Other updates you may be interested in ›