初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ:「アプリリアの努力に成功で応えたい」

J.ロレンソ:「アプリリアの努力に成功で応えたい」

J.ロレンソ:「アプリリアの努力に成功で応えたい」

ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソは、来年の就任が決まったことで、落ち着いてタイトル争いに挑戦できることを認めた。

Q:来年もアプリリアから継続参戦することが決まり、落ち着いてタイトル争いに立ち向かえることができるのでは?
A:アプリリアのプロシェクトに参加できることが嬉しい。重要なファクトリーが僕に注目してくれたことは、大きな満足感であり、全力を尽くして、彼らの努力に成功で応えたい。そして、これまでのように1戦1戦に集中して臨んで行きたい。

Q:今後は公式予選やレースで主導権を握って行くつもりか?それともドビツィオーソの様子を見て行くつもりか?
A:まずは自分自身に集中しなければ。それが成功の秘訣だ。トップに立つためには、ライバルたちを分析しなければいけないことも事実。このクラスには速いライダーがたくさんいて、いつでも攻めてくるから、1人だけに気を取られてはダメだ。残りのレースに1戦1戦に取り組んでいく。

Q:ランク2位との7ポイント差をどう考える?今後の作戦は?
A:レースは予測不可能だ。7ポイント差は今の段階では何の保障にもならない。これまでと同じように仕事を続け、集中しなければいけない。

Q:タイトル争いにおいて、この3連戦が重要なポイントとなるのでは?
A:毎戦がタイトル獲得において大切だけど、これからの3連戦は非常に重要だ。身体的にも精神的にも消耗戦となるが、この時期にパワーを持って立ち向かうかが、タイトル獲得の可能性を高めることになる。

Q:3連戦の舞台については?
A:セパンとフィリップアイランドは高速コース。僕たちに有利だろう。だけど、どんなコースでも自信がある。

Q:ホンダのホームコースであるもてぎは?アプリリアで優勝するチャンスでは?
A:アプリリアにとって、もしかしたら最も難しいコースではないか。日本で勝てれば、それは美しい。

Tags:
250cc, 2006

Other updates you may be interested in ›