初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

キャメル・ヤマハ、V.ロッシのサポート体制へ

キャメル・ヤマハ、V.ロッシのサポート体制へ

キャメル・ヤマハ、V.ロッシのサポート体制へ

キャメル・ヤマハは、バレンティーノ・ロッシのタイトル連覇に向けて、全面的にバックアップして行く。

セパンでは、最高峰クラスに進出した2000年から6戦中3勝。5度の表彰台を獲得したイタリア人ライダーは、「誰もが知っている通り、セパンは僕の好きなコースの1つ。ブルノのテストで興味深い進歩があり、金曜の午前中から全てが上手く行く自信がある。トップに立つために全力で戦うことができる」と抱負を語った。

「昨年は、ロリス・カピロッシが信じられないほど強かった。2週間前のブルノでも同じような展開だったし、今回もそうなるかもしれない。」

「今年は、昨年のようにセパンでタイトルを獲得できないから、目標は表彰台に登ること。タイトル獲得に向けて、多くのポイントを稼ぐことだ。チャンピオンシップにとって、この3連戦は非常に重要となる。短期間の移動と時差により、すごくハードな時期となるが、集中して、ベストを尽くしたい。」

期待通りの成績が残せないコーリン・エドワーズは、シーズンを嘆いている場合ではなく、好結果でシーズンを締め括り、チームメイトをサポートして行くことを強調した。

「シーズンは計画通りに行っていないけど、今は嘆いている時ではない。目標は2つ。タイトル獲得のために、ベストな武器をバレンティーノに提供すること。もう1つは表彰台を獲得することだ。」

Tags:
MotoGP, 2006, MARLBORO MALAYSIAN MOTORCYCLE G.P., Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›