初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スズキ勢、ベストリザルトを狙う

スズキ勢、ベストリザルトを狙う

スズキ勢、ベストリザルトを狙う

リズラ・スズキのチームマネージャー、ポール・デェニングは、第14戦オーストラリアGPでベストリザルトを狙うことを強調した。

前戦マレーシアGPでは、ジョン・ホプキンスがケニー・ロバーツ・ジュニアとケーシー・ストーナーとの6位バトルを制して、10戦連続のポイント連取を記録すれば、クリス・バーミューレンは16番グリッドからポジションを上げて、11位フィニッシュ。投入した新スペック・エンジンが好パフォーマンスを見せた。

「セパンの後、ポジティブなメンタリティーでオーストラリアに乗り込みます。クリス・バーミューレンが病気だっただけでなく、公式予選のキャンセルで厳しい週末でしたが、新スペックのエンジンはレースを通して、ビックなポテンシャルを証明しました。」

「フィリップアイランドは非常に難しく、寒さは重要なポイントですが、ライダーたちとチームは可能な限りのベストリザルトを獲得するために最大のレベルで仕事に取り組みます。」

「リズラ・スズキのメンバーとして初めて地元で走れ、家族や友人たち、ファンのサポートが得られるクリスにとっては最高です。」

Tags:
MotoGP, 2006, Chris Vermeulen

Other updates you may be interested in ›