初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ、2番手に浮上

A.バウティスタ、2番手に浮上

A.バウティスタ、2番手に浮上

シリーズ第14戦オーストラリアGPのフリー走行2は16日、フィリップアイランドで行われ、ランク2位のミカ・カリオがトップタイムをマークした。

気温14度。路面温度15度のドライコンディションの中、初日にサーキットベストラップを更新して暫定ポールポジションを奪取したフィンランド人ライダーは、初タイトル獲得の可能性を追求して一番時計を刻めば、ポイントリーダーのアルバロ・バウティスタが僅少0.036秒差に接近した。

ルーカス・ペセック、セルジオ・ガデア、トーマス・ルティ、ガボール・タルマクシ、マティア・パシーニ、エクトル・ファウベル、ジョアン・オリベ、フリアン・シモンがトップ10入り。小山知良は15番手。葛原大陽は32番手だった。

Tags:
125cc, 2006, GMC AUSTRALIAN GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›